キャッシングの限度額について

キャッシングを利用する際、気になるのは「融資可能」な限度額についてです。ある程度まとまったお金が必要なのに、少ししか借りられないローンでは、カードを十分活用することはできないでしょう…。

 

今回は、カードローン融資の「限度額」について、考えてみることにします。

 

【限度額はいくらまで?】

カード限度額は、金融機関によってそれぞれ大きな違いがあります。消費者金融の場合は、300万円から多くて、500万円というところでしょう。

 

反対に、銀行のカードローンは融資の金額が大きく設けられています。楽天銀行では、500万円としていますが、オリックス銀行のカードローン商品は、最高800万円までの融資に対応しています。

 

ここまで高額な融資が、無担保保証人なしで利用できるとは、嬉しい限りです。

 

【消費者金融のカードローンの場合】

消費者金融の場合、初回の申し込みには、高額融資が適用されないことが多いです。仮に、100万円の融資を希望していたとしても(カード利用可能額は)50万円からスタートすることがあります。

 

ただ、消費者金融の場合は利用額アップのペースが早いので、心配する必要はありません。早ければ、借入の半年後から1年の間には、利用可能額が上がるでしょう。

 

もちろんこれは「きちんと返済を継続できている方」に限ります。返済のできていない方や、遅延のある方は、増枠は見込めないので注意しましょう。

 

【借りられる金額】

全体収入が少なくなれば、借りられる金額も少なくなります。なぜなら、消費者金融総量規制の対象となるからです。融資枠の上限は、年収の3分の1程度と予定しておきましょう。他社で借入のある方は、年収の3分の1の金額から、現在の借入額を引いて計算してください。

 

【消費者金融でも、おまとめできる】

消費者金融でもおまとめローンや借換ローンを扱うところがあります。こうした商品に関しては、総量規制の対象外となり、年収の3分の1以上の融資が受けられます。

 

ただし、利用目的は、おまとめか借換に限ります。フリーキャッシングのような使い方はできないので、注意してください。

 

現在、おまとめローンを扱う消費者金融は、三井住友銀行系のプロミス、三菱東京UFJ銀行系列のアコム、ノンバンク系のアイフルです。

 

消費者金融で「おまとめローン」をお探しの方は、参考にしてみてください。

 

【銀行の場合】

銀行カードローンの融資額は、非常に大きく設定されています。フリーキャッシングの場合は、最高1,000万円まで融資をとする銀行もあります。また、フリーキャッシング以外のローンでは、一億円まで融資をすることがあります(ただし、このサイトでは、銀行の個人向け融資に限定し、説明したいと思います)。

 

銀行ローンの貸付条件は、各金融機関によって大きな差があります。例えば、楽天銀行のカードローンでは融資額が最高500万円と、消費者金融に近い条件で融資を行っています。

 

反対に、インターネット銀行大手のオリックス銀行では、最高800万円まで融資を行っています。同じ銀行ローンでも、これだけ大きな差があるのは驚きです……。

 

それぞれの銀行は、融資額だけでなく、利息の設定もそれぞれ異なります。低金利ローンをお探しの方は、各銀行の貸付条件比較し「最も良い」と思われるローンを選択してください。

 

銀行ローンという条件だけで融資を受けてしまうと(場合によっては)消費者金融よりも、悪い条件で融資を受けることになります。

 

カードローンのように付き合いの長い商品は、失敗しないよう、各社を良く比較してから申し込むようにしてください。

 

【自動審査の場合】

一部の金融機関では、審査の際、自動審査を採用しています。自動審査は、申込者の生年月日や住所、年齢などを元に、審査を自動で行っているのです。

 

通常、審査結果を決めるのは、カードローン会社の指定する保証会社と、ローン会社です。しかし自動審査では、金融機関に記録されたデータ、信用情報機関のデータを照会し、自動で結果を決めています。

 

自動審査では(全体的に)可決される金額が少なくなるので注意してください。同じく、無人契約機や、自動審査を導入するローンは、すべて初回の融資額が少なくなります。

 

ただ、自動審査で「可決金額が少なかった」場合も、心配はいりません。平均、半年から1年以内の間に、カードの可能額が上がります。自動で上がらなかった場合は、カード会社に「増枠の申請」を行うと良いでしょう。

 

返済や利用状況に問題がなければ、すぐに「利用可能額」は上げてもらえます。平均10万円単位でアップすることが多いのですが、利用状況が良ければ、20万円や30万円といった増額も大いに見込めます。
参考:自動契約機を徹底比較!申込→審査→借入までの使い方

 

【増枠を成功させるコツ】

スムーズに増額してもらえるよう、まずは、コツコツと返済を続けてください。また、余裕のある時点で都度返済や増額返済しておけば、利用額アップの可能性は、一気に高まります。

女性専用ローンを扱う金融機関

ここでは、女性専用ローンを扱う金融機関(カードローン会社)をご紹介しましょう。

 

【女性専用ローンを扱う金融機関】

現在、女性専用ローンを扱う(主要な)金融機関は、以下の通りです。

 

・ プロミス(プロミスレディース)
・ レイク(レディースレイク)
・ アコム(アコムレディースローン)
・ アイフル(レディースアイフル)

 

このほかにも、地方銀行など「女性専用ローン」を扱う金融機関が、いくつか存在しています。

 

【女性専用ローンのメリット】

女性専用ローンのメリットは「女性にやさしいサービス」が充実している点にあります。例えば、審査や窓口(電話も含む)での対応を「女性スタッフ」が対応するなど、初めての方でも安心して利用できるよう、さまざまな工夫が施されているのです。

 

また、女性はなぜか「キャッシングをすることに罪悪感」を持つ方が多く、家族や周囲に「ローンのことを話したくない」と考える方が多数を占めます。

 

このため、レディースキャッシングのサービスでは「プライバシーに配慮した」審査の実施、カードの発行、連絡のやり取りを心がけています。

 

家族や周囲に借入を知られたくないという方は、こうした女性専用ローンを利用されるようおすすめします。審査の申し込みをインターネット上で行えば、さらに「周りに借入を知られることなく」安全に融資が受けられます。

 

【貸し付け条件は同じ】

ただ、女性専用ローンだからと言って、金利が低くなっていたり、返済の条件が優遇される訳ではありません。商品の内容自体は、通常の商品(同じ会社内のフリーキャッシング)と同じです。

 

【女性専用ローン、どのカードがおすすめ?】

今、最もおすすめの女性専用ローンは、三井住友銀行系の「プロミス」です。プロミスは、数あるカードローン会社の中でも「女性人気の高い」ブランドとして、幅広い層から支持を集めています。

 

また、プロミスは「女性専用ダイヤル」と「女性専用のインターネット申し込み」の窓口を設けているので(初めての方でも緊張すること無く)安心してカードローンが利用できます。

 

【女性向けの特別なサービス】

女性専用のローンで、最も便利なのは「女性専用のインターネット申し込み」のサービスです。ネットから申し込みをすれば、24時間好きなタイミングで審査が受けられ、オペレーターとの取引も最小限で済ませられるので安心です。

 

主婦の方もぜひ、プロミスの「女性専用・インターネット申し込み」を利用してみてください。